• ホーム
  • 早漏を治すと遅漏の心配が出る

早漏を治すと遅漏の心配が出る

2019年06月25日
相手と話したくない女性

早漏の治療には外科的療法と内科的療法があります。
まずは美容外科などで行う治療法です。
亀頭が敏感なために起こる早漏の症状には、亀頭全体にヒアルロン酸を注入するという治療があります。
施術時間は10分ほどで注射1本で完了し、亀頭粘膜を強化します。
はりと硬さを増すことでペニス全体のパワーアップにもつながります。
時間をかけてお互いに満足のゆく性行為を、ゆっくりと楽しむことができます。

さらに最近ではプリリジーという早漏症治療薬を内服する治療も行われるようになってきました。
この薬は欧州を中心に世界40ヶ国で認可され、その効果や安全性は確立されていますが、日本ではまだ未承認の薬です。
正規品を輸入して使用する形になります。
個人でも輸入は可能ですが、安全に使用するためにもクリニックで処方してもらうことが一番安全です。

早漏を治すと遅漏の心配をされる方がいますが、適切な治療を受ければそのようなことはありません。
早漏改善効果が高いということは遅漏気味になることを意味しますが、もともと早漏であった場合にはそれほど心配する必要はありません。
ただし早漏とEDを同時に発症している人の場合は、注意が必要です。
ED治療薬の種類によっては、これらの症状の改善と同時に遅漏になる場合があります。